ラム肉の部位ごとの特徴

ラム肉の部位ってどんなところがあるの?と疑問に思っている方への回答です。

 

 

ラム肉の部位

ラム肉の部位にも牛と同様に肩・肩ロース・ロース・バラ・モモなどがあります。

 

羊肉特有の臭いの元である脂肪が多い部位なので、調理する時には脂肪をある程度取り除くことをします。また筋も多いので調理前に筋切りをするのが基本です。

 

肩ロース

柔らかく食べやすい部位です。赤身と脂肪のバランスが絶妙なのでラム肉特有のほのかな臭みがかえってアクセントとなり、旨味を引き立たせます。ステーキにされることが多いです。

 

ロース

最も柔らかく旨味のある部位で、羊肉の中では最高級とされる部位です。ローストやステーキとして食べられることが多く、骨付きのロースはフレンチラック、ラムチョップなどと呼ばれます。

 

バラ

お腹の部分の肉ですので脂肪が多めです。普通に焼くと臭いが目立つので、どちらかというと煮込み料理に適しています。あまり日本の市場には出回っていません。

 

モモ

羊肉の臭みの元である脂肪が最も少ない部位がモモ肉です。柔らかい部位、硬い部位両方ありますが、硬い部位に関しては煮込み料理、柔らかい部位に関してあステーキや焼き肉に使われます。