ラム肉の部位ごとの特徴

ラム肉の部位ごとの特徴

ラム肉の部位ってどんなところがあるの?と疑問に思っている方への回答です。

 

ラム肉の部位

ラム肉の部位にも牛と同様に肩・肩ロース・ロース・バラ・モモなどがあります。

 

羊肉特有の臭いの元である脂肪が多い部位なので、調理する時には脂肪をある程度取り除くことをします。また筋も多いので調理前に筋切りをするのが基本です。

 

肩ロース

柔らかく食べやすい部位です。赤身と脂肪のバランスが絶妙なのでラム肉特有のほのかな臭みがかえってアクセントとなり、旨味を引き立たせます。ステーキにされることが多いです。

 

ロース

最も柔らかく旨味のある部位で、羊肉の中では最高級とされる部位です。ローストやステーキとして食べられることが多く、骨付きのロースはフレンチラック、ラムチョップなどと呼ばれます。

 

バラ

お腹の部分の肉ですので脂肪が多めです。普通に焼くと臭いが目立つので、どちらかというと煮込み料理に適しています。あまり日本の市場には出回っていません。

 

モモ

羊肉の臭みの元である脂肪が最も少ない部位がモモ肉です。柔らかい部位、硬い部位両方ありますが、硬い部位に関しては煮込み料理、柔らかい部位に関してあステーキや焼き肉に使われます。

関連ページ

ラム肉が臭い原因
ラム肉というとあの特有の臭いが好みを分ける食べ物ですよね。あれをクサい!無理!と思う人もいれば、良い香り、癖になると思う人もいます。今回はそんな癖のある臭いの原因について解説しています。
ラム肉の種類
ラムの種類を紹介しています。ラム肉にはミルクフェッドラム、サッカーラム、シーズンラムなどの種類があり、それぞれ違った特徴があります。
ラムとマトンの違いとは
ラム肉とマトンの違いについて解説しています。
ラム肉は生(レア)でも食べられる?
お肉を生で食べるのは色々と制約がありますし、生で絶対に食べてはいけない、と言われるお肉もあります。では、ラム肉を生で食べることはできるでしょうか?色々な効果が注目されるラム肉、せっかくなら、色々な食べ方で楽しみたいですよね。さっそく調べてみることにしました。
犬にラム肉をあげても大丈夫?
ペットとして犬を飼っている場合、あげてもいい食べ物とあげてはいけない食べ物というのはある程度把握しておかねばなりません。まあペットフードしか与えないようにすれば間違いないのですが、そういうわけにもいかないでしょう。今回は犬にラム肉を上げても大丈夫なの?という疑問に答えたいと思います。
犬はラム肉のアレルギーになりやすい?
ラム肉と犬のアレルギーに関するお話です。ラム肉を食べると犬はアレルギー症状を起こしやすいのでしょうか?

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題