ラム肉の種類

ラム肉の種類

ラムの種類を紹介しています。ラム肉にはミルクフェッドラム、サッカーラム、シーズンラムなどの種類があり、それぞれ違った特徴があります。

 

ラム肉とは

まずラム肉の定義についてですが、ラム肉というのは生後1年未満の子羊の肉のことを指しています。【⇒⇒ラムとマトンの違いとは?】でも解説しましたがマトンと比較して臭みが少なく、柔らかくて癖がないので世界的な人気を誇る肉です。羊肉の中でもラムが最も高価になります。

 

ミルクフェッドラムとは

生後4週間〜6週間というまだ生まれて間もない乳離れしていない子羊の肉です。他の種類のラム肉よりも香りと食感が良いとされていますが、大量生産には向いておらずめったに入手できません。

 

サッカーラム

ミルクフェッドラムも含んだ生後7カ月くらいまでの子羊の肉です。ラム肉といえば通常このサッカーラムのことを指しています。

 

オールドシーズンラム

生後7カ月〜1年くらいの子羊の肉のことです。ラムの中でも比較的遅い時期に生産されるのがこのオールドシーズンラムですが、マトンほど成熟していないのでラム肉の柔らかさや香りの良さといった部分を持ち合わせています。

 

以上ラム肉の種類について解説しました。

関連ページ

ラム肉の部位ごとの特徴
ラム肉の部位ってどんなところがあるの?と疑問に思っている方への回答です。
ラム肉が臭い原因
ラム肉というとあの特有の臭いが好みを分ける食べ物ですよね。あれをクサい!無理!と思う人もいれば、良い香り、癖になると思う人もいます。今回はそんな癖のある臭いの原因について解説しています。
ラムとマトンの違いとは
ラム肉とマトンの違いについて解説しています。
ラム肉は生(レア)でも食べられる?
お肉を生で食べるのは色々と制約がありますし、生で絶対に食べてはいけない、と言われるお肉もあります。では、ラム肉を生で食べることはできるでしょうか?色々な効果が注目されるラム肉、せっかくなら、色々な食べ方で楽しみたいですよね。さっそく調べてみることにしました。
犬にラム肉をあげても大丈夫?
ペットとして犬を飼っている場合、あげてもいい食べ物とあげてはいけない食べ物というのはある程度把握しておかねばなりません。まあペットフードしか与えないようにすれば間違いないのですが、そういうわけにもいかないでしょう。今回は犬にラム肉を上げても大丈夫なの?という疑問に答えたいと思います。
犬はラム肉のアレルギーになりやすい?
ラム肉と犬のアレルギーに関するお話です。ラム肉を食べると犬はアレルギー症状を起こしやすいのでしょうか?

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題