ラム肉が臭い原因

ラム肉というとあの特有の臭いが好みを分ける食べ物ですよね。あれをクサい!無理!と思う人もいれば、良い香り、癖になると思う人もいます。今回はそんな癖のある臭いの原因について解説しています。

 

 

臭いは草食獣共通のもの

ラム肉特有の臭い、といってしまいましたが実はあの臭いは別に羊特有のものではありません。

 

草食獣に共通のものです。植物に含まれる葉緑素が草食獣の体の中でフィトールという物質に変化して臭いの元になります。

 

草食獣である牛が臭わないのは臭いを薄めるための配合飼料を食べさせているからです。

 

どの動物にも臭いはある?

ただいくら配合飼料を食べさせているといってもどんな動物にも臭いはあります。

 

牛豚鶏など私たちが食べ慣れている肉にも例外はありません。ただこれらの肉に臭みを感じないのは単に私たちが幼少のころから常食してきたからです。単純に慣れているだけなのですね。

 

逆に北海道生まれで幼少の頃から羊肉を食べてきたという人にとっては、逆に牛肉のほうが臭いがするそうです。

 

臭い対策

ただやはり臭いについては慣れる人もいますが、いつまでたっても苦手な人もいます。臭いが苦手な場合は臭みを抑える調理法を行います。

 

臭いの元は脂肪にあるので、焼く前に余分な脂を取り除くだけでもかなり臭いは軽減されると思います。

 

また焼く前に脂身に切れ目を入れてから焼くことで切れ目から余分な油が追い出されて臭みが抑えられます。