ラムとマトンの違いとは

ラム肉とマトンの違いについて解説しています。

 

 

ラムとマトンの違いとは

まず前提としてラムとマトンは両方羊の肉であり、種類の違いはないということは申し上げておきます。

 

ラム

ラム肉というのは生後1年未満の子羊の肉のことを指しています。マトンと比較して臭みが少なく、私たちが食べ慣れている焼き肉に限りなく近い味です。マトンよりも柔らかくて癖がないのでこちらのほうが人気が高いです。

 

マトン

生後2年〜7年くらいまでの成長した羊の肉を指しているのがマトンです。牧草のような臭みが強いですが、味が濃いのでこちらのほうを好む人も多くいます。肉そのものの味を楽しみたいという人はマトンをおすすめします。

 

ホゲット

では1年以上2年未満の羊の肉をなんと呼ぶかというと「ホゲット」といいます。ラムとマトンの両方の良さを併せ持っているような肉です。

 

ジンギスカンは?

これもややこしいと思っている人が結構多いのですが、「ジンギスカン」というのは料理名のことでありラムとマトンというのは食材名です。ジンギスカン鍋というのは北海道で主に食べられるバーベキュー料理のことですね。