牛肉・豚肉・鶏肉の栄養効果比較

牛肉と豚肉、鶏肉らの栄養素を比較してみましょう。どの肉が最も健康に良いのでしょうか。

 

 

牛肉の栄養効果

タンパク質やビタミンの含有量ならば牛肉がトップです。アミノ酸が豊富なので免疫力向上や脳機能の調整といった効能があります。

 

また筋肉のエネルギー源となるタンパク質の構成要素アミノ酸はスポーツアスリートなど体を使う人にとってはなくてはならない栄養源です。

 

とくに食べて欲しいのは赤身の肉です。赤身の肉は吸収効率が良いビタミンB12が豊富に含まれているので脳梗塞の予防や集中力の向上といった脳関連の機能の向上が見込めます。

 

豚肉の栄養効果

ビタミンB1やB2といったビタミンB群の含有量が最も多いのが豚肉です。ビタミンB群のビタミンB1はごはんやパンといった炭水化物の分解を補助します。

 

ビタミンB2は細胞の再生やエネルギー代謝には欠かせない栄養源です。ビタミンB2が不足することで髪や肌のトラブルが起きやすくなります。

 

コレステロール値を下げてくれるオレイン酸やステアリン酸も豊富です。

 

鶏肉の栄養効果

コラーゲンがとても豊富で皮膚の保水効果の向上が見込める他、ビタミンAやビタミンB群によって美肌効果が期待できます。特に鶏の胸肉は脂肪分がないので太りにくく、ダイエットにはおすすめです。