夏バテに肉が効果的な理由

厳しい残暑で疲労が蓄積しがちな夏の季節は食欲も低下して夏バテに悩まされる人が多いのではないでしょうか。今回はお肉の夏バテ改善効果について解説していきたいと思います。

 

 

肉を食べればスタミナがつく理由

ですが体力が低下してしまうこの季節には是非お肉を食べてスタミナを付けて欲しいと思います。

 

肉は

 

■たんぱく質

 

■ビタミン

 

■ミネラル

 

といった筋肉や皮膚の健康のために欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

 

夏バテを乗り切るにはスタミナをつけよう

肉を食べるとスタミナがつく、というのはよくいわれることですが、そもそもスタミナ不足ってなんぞや?って感じですよね。ちょっと抽象的な印象。

 

スタミナ不足っていうのはようするに体がたんぱく質を欲している状態、つまりたんぱく質不足のことを指しています。

 

たんぱく質というのは身体の修復には欠かせない栄養素でこれが不足すると疲労感を感じます。

 

たんぱく質の役割
■筋肉の修復
■体組織の修復
■血液の生成

 

肉にはエネルギーを生み出す仕組みが詰まっている

肉にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。このビタミンやミネラルはとりいれたたんぱく質をエネルギーに変換するのに欠かせません。

 

たんぱく質というのはそれ単体では体内でエネルギーになってくれないんですね。ビタミンやミネラルも一緒にとってはじめて効果が発揮されます。

 

つまり肉というのはエネルギーとなるたんぱく質とそれをうまく利用するビタミンやミネラルが同時にとれる貴重な食材なんです。