ハンバーグに大根おろしでカロリー制限&痩せ効果!

お肉ダイエットをする上でたまには変化球としてハンバーグを食べても良いでしょう。ですがその際にはカロリー制限について考えておく必要がありそうです。

 

 

カロリー制限をしたければソースに気を使うべし

ハンバーグのカロリーは確かに高めです。ですがタンパク質を摂取できることには変わりないので糖質制限をしていれば、一定のダイエット効果は期待できるはずです。

 

つなぎに炭水化物が使われていますが、ごく少量です。基本的にハンバーグで太るということはないので安心してください。毎日食べるのはおすすめしませんけどね。

 

ですが注意してほしいのはソースです。

 

ハンバーグそのものよりもソースに含まれる様々な香辛料が私たちの炭水化物を食べたい欲求を促進させてしまいます。そして塩分も多めです。

 

糖質制限がお肉ダイエット成功のポイントですので、糖質を体を欲するようにしちゃうのはマズイですね。

 

ソースには糖質の分解職人「大根おろし」がオススメ!

おすすめのソースとしては大根おろしやポンズです。大根おろしは大根を生のまま食べることになりますので火に弱いアミラーゼやプロテアーゼ、リパーゼといった大根の消化酵素がそのまま摂取できることになります。

 

これらの消化酵素は糖質の分解を促進する酵素なので、大根っていうのはお肉ダイエットにはうってつけの食べ合わせなのです。

 

また大根のぴりっとした辛みというのは「イソチオシアネート」という成分のおかげです。

 

この成分は消火液の分泌を促進してくれて、脂肪の代謝機能を向上させてくれます。