豚肉と鶏肉はどっちがカロリーが低い?

肉のなかで豚肉のカロリーは別に特段低いというわけでもありません。鶏肉よりは多めです。それでもダイエットには鶏肉よりも有効だといわれる由縁は以下の栄養素のおかげです。

 

 

ビタミンB群

豚肉の特徴はビタミンB群が豊富に含まれているところです。

 

ビタミンB群は糖質の分解を促進してくれるので、肥満になりにくい体を作るのにかなり効果を発揮します。

 

ビタミンB2は不足すると細胞の再生能力やエネルギー代謝が落ちたり、髪や肌のトラブルが起こるなどデメリットは大きいです。

 

ポークペプチド

豚肉に豊富に含まれるポークペプチドは肝機能を向上させて代謝を促進させてくれます。脂肪の燃焼効率も高まります。

 

カルニチン

豚肉がダイエットに効果的だといわれる最も大きな要因はカルニチンです。

 

カルニチンは体内の脂肪燃焼を促進させる役割をもっています。脂肪の燃焼を担うミトコンドリアに脂肪を運んでくれるのです。

 

鶏肉と比較したらカロリーでは確かに鶏のささみの方が低いのですが、ダイエットにはどちらかといえば豚肉の方が向いています。カルニチンは豚肉の方が含有量が多いのです。

 

ただカルニチンは火を通すとかなり減ってしまいます。なので湯通し程度で済ませられるしゃぶしゃぶがおすすめの食べ方です。

 

アラキドン酸

そして豚肉の脂肪は満腹中枢をみたす効果があるアラキドン酸が含まれますので、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

また調味料は大根おろしがおすすめです。大根おろしには胃の消化を促進してくれる効果があるので、消化に時間がかかる肉とはかなり合った食べ合わせです。