鴨肉の栄養と効果

鴨肉の健康効果や栄養面での特徴を紹介していきます。

 

 

特徴1:不飽和脂肪酸が多い

鴨肉の最たる特徴としてその脂の質が挙げられます。鴨肉の脂は冷めても固まらないという性質をもっています。

 

また脂には人間の体内では生成することができない不飽和脂肪酸が豊富に含まれていて、血行を良くしてくれる効果もあります。

 

高血圧や動脈硬化を防ぎ生活習慣病への予防・改善に効果を発揮します。不飽和脂肪酸は善玉脂肪酸なので血中コレステロールを低下させてくれます。

 

特徴2:口当たりがまろやか・消化に優しい

不飽和脂肪酸が多いということは脂の融点が低いということになりますので、鴨肉というのは非常に口溶けがよく、まろやかな口当たりです。

 

通常肉は消化に時間がかかるのですが、鴨肉は消化に非常に優しいのがまた嬉しい特徴ですね。肉とは思えないほどヘルシーな食材なのです。

 

特徴3:美容健康効果が抜群

脂肪燃焼を促進するビタミンB群や貧血を改善するヘム鉄なども多く、女性が嬉しい美容健康に適したお肉といえるでしょう。

 

ヘム鉄は体に吸収されやすく貧血予防や冷え症改善にはもってこいです。

 

特に多いのがビタミンB2ですね。ビタミンB2はエネルギー代謝を促進し、細胞の再生、髪や肌の新生に深く関係する栄養素です。「発育のビタミン」とも呼ばれます。

 

また鴨肉には体内の毒素を分解して排出する効果もあるそうです。