お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

馬肉の栄養と効果

馬肉はあまり馴染みのない人は多いかもしれませんが、栄養面で牛豚鶏などの肉よりも優れている部分がたくさんあります。

 

馬肉の効能

馬肉には疲労回復に効くグリコーゲン、美肌形成に良いビタミンA、血行を促進するビタミンE、貧血を予防する鉄分、骨や歯の形成に欠かせないカルシウムなどが豊富に含まれています。

 

馬肉はこれら栄養素全ての含有量において牛肉と豚肉を上回っています。

 

またその上低脂質で低カロリーなので女性にうれしい食材でもありますね。

 

・低カロリー
・低脂肪
・低コレステロール
・高鉄分
・高タンパク

 

というのが馬肉の何よりの強みです。

 

馬肉は高タンパクで低カロリー

高タンパクな馬の肉は食べることにより、たんぱく質のペプチドが血管を広げてくれて血のめぐりをよくしてくれるので冷え症が改善したり、高血圧が改善したりします。

 

馬のタテガミの部分には「こうね」といわれる脂の部分がありますが、ここも赤身とともに食べられる美味しい部分なのですが、カロリー量は牛や豚の1/2です。

 

馬肉の別名

ちなみに馬肉の別名って「サクラ」って呼ばれているんですよ。肉にはヘモグロビンが多い影響で、赤身部分が空気に触れた時に桜色になることからです。

 

また切り身がハナビラを連想させるという理由もあります。

関連ページ

鯨肉の栄養と効果/低脂肪・低コレステロール・高タンパク
鯨肉はめったに食べることがないと思いますが、牛豚鶏といった定番お肉にはない素晴らしい栄養効果があることから、近年注目されています。
鴨肉の栄養と効果/脂がヘルシーでまろやか!
鴨肉の健康効果や栄養面での特徴を紹介していきます。
ラム肉の栄養と効果/豚肉の数倍のカルニチン含有量!
ラムとは生後1年未満の仔羊のこと。このラム肉の健康効果が近年じわじわ注目されはじめています。
イノシシ肉の栄養・効果/不飽和脂肪酸が豊富!
江戸時代から「山鯨」と呼ばれ貴重な栄養補給食として食べられてきたイノシシ肉。豚肉や牛肉にはない様々な栄養・健康効果があります。今回はそれを紹介していきます。
ラム肉・馬肉・鯨肉の栄養効果比較
普段私たちがあまり食べない肉であるラム肉・馬肉・鯨肉の栄養面・健康面での比較をしています。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題