ラム肉の栄養と効果

ラムとは生後1年未満の仔羊のこと。このラム肉の健康効果が近年じわじわ注目されはじめています。

 

 

ラム肉の栄養的な特徴

ラム肉の特徴として脂肪燃焼を促進するカルニチンの含有量がとても多いということです。

 

豚肉の数倍のカルニチンがラム肉には含まれています。数倍としているのは部位によって含有量は違うからです。

 

カルニチンの素晴らしい効能の数々
■糖質のエネルギー変換能力の向上
■脂肪燃焼の促進
■運動時のエネルギー生成を補助
■体型維持

 

ラム肉の健康効果

しかもラム肉は低コレステロールな上ビタミンB群や鉄分が豊富です。痩せたいけどビタミンB群が足りなくてうまく痩せられない人は多いですが、ラム肉ならたんぱく質とビタミンB群が両方いっぺんに摂取できます。

 

つまり脂肪の燃焼を行うための栄養素がラム肉にはぎっしり詰まっているのです。

 

ちなみにコレステロールは体に必要なものではあるのですが、摂り過ぎると心筋梗塞や脳卒中といった生活習慣病にも繋がります。

 

お肉ばかり食べていると体に良くないというのはその為なのですが、ラム肉というのは牛豚鶏よりはるかに低コレステロールで、その量は魚とそんなに変わりません。

 

不飽和脂肪酸が豊富!

さらにラム肉にはコレステロール値を下げてくれる不飽和脂肪酸が豊富に含まれており、美容・健康に気を使う人にとってはこれ以上ないくらいありがたい食材なんです。
不飽和脂肪酸というのは人間の体内で生成することができないので食料から摂取するしかありません。