鶏の砂肝の効能が凄い!

鶏の砂肝の効果・効能について解説しています。

 

 

鶏の砂肝ってどこの部位?

鶏の砂肝というのは胃袋のことです。

 

鶏っていうのは歯がないので餌をそのまま飲みこみます。

 

そして餌をすりつぶすために使うのが砂や石が貯められている胃袋です。この胃袋で餌をすりつぶして消化吸収しているのです。

 

砂肝っていうのはそのまんまの意味で砂を貯め込んでいる肝だから砂肝なのです。

 

そしてこの胃袋が解体されるときに取りだされ、砂肝としてお店に並ぶことになります。

 

ちなみに全ての鳥類がこの砂肝を持っているわけではありません。

 

砂肝の栄養価

鶏の砂肝は低脂質かつ低カロリーで、ダイエット食品としても効果を発揮するほか、身体の維持に有効な栄養素

 

・血液凝固や骨形成に効果があるビタミンK
・脳機能の向上や認知症予防に効果があるビタミン12

 

などが豊富に含まれています。また他にもビタミンK、亜鉛、たんぱく質など体に欠かせない栄養素を豊富に含んでいます。

 

骨密度を維持したり、体を丈夫にしてくれるので体を鍛えたい人には是非取り入れて欲しい食品です。

 

ビタミン12の効能

■神経の修復
■神経伝達物質を生成する
■免疫機能を維持する
■血行の促進

 

砂肝の調理方法

砂肝も基本的には焼く、煮る、揚げるなどしてよく火を通して食べます。生で食べるのは衛生上の観点からおすすめできません。

 

ねぎの塩焼きとか、ショウガの和え物にしたらうまく臭みが消えて、苦手な人でも美味しく食べられると思いますよ。