お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

鶏の砂肝の効能が凄い!

鶏の砂肝の効果・効能について解説しています。

 

鶏の砂肝ってどこの部位?

鶏の砂肝というのは胃袋のことです。

 

鶏っていうのは歯がないので餌をそのまま飲みこみます。

 

そして餌をすりつぶすために使うのが砂や石が貯められている胃袋です。この胃袋で餌をすりつぶして消化吸収しているのです。

 

砂肝っていうのはそのまんまの意味で砂を貯め込んでいる肝だから砂肝なのです。

 

そしてこの胃袋が解体されるときに取りだされ、砂肝としてお店に並ぶことになります。

 

ちなみに全ての鳥類がこの砂肝を持っているわけではありません。

 

砂肝の栄養価

鶏の砂肝は低脂質かつ低カロリーで、ダイエット食品としても効果を発揮するほか、身体の維持に有効な栄養素

 

・血液凝固や骨形成に効果があるビタミンK
・脳機能の向上や認知症予防に効果があるビタミン12

 

などが豊富に含まれています。また他にもビタミンK、亜鉛、たんぱく質など体に欠かせない栄養素を豊富に含んでいます。

 

骨密度を維持したり、体を丈夫にしてくれるので体を鍛えたい人には是非取り入れて欲しい食品です。

 

ビタミン12の効能

■神経の修復
■神経伝達物質を生成する
■免疫機能を維持する
■血行の促進

 

砂肝の調理方法

砂肝も基本的には焼く、煮る、揚げるなどしてよく火を通して食べます。生で食べるのは衛生上の観点からおすすめできません。

 

ねぎの塩焼きとか、ショウガの和え物にしたらうまく臭みが消えて、苦手な人でも美味しく食べられると思いますよ。

関連ページ

ささみの脂質含有量は?/圧倒的な低脂質
鶏肉の脂質の含有量が気になるという声が多かったので情報をまとめてみました。部位ごとに算出しています。
ダイエットとしてささみが効果的な理由/コストも低い!
鶏のささみはダイエット中の低カロリーな食材として重宝しますよね。安いし美味しいしそれなりにお腹も膨れます。非常にコスパが良いです。
手羽先の効能と栄養/美肌に効くコラーゲンたっぷり♪
鶏の手羽先には栄養が豊富で、私は健康食材としても重宝してます。鶏の手羽先はとくに美容を気にする女性の方におすすめできる食材です。
鶏と魚どっちが健康にいい?
結論からいえば鶏も魚もどちらも健康にいいです。できれば好き嫌いせずにバランスよく摂取してほしい食品ですね。 鶏肉には魚にない栄養素がありますし、魚には鶏肉にはない栄養素があります。
ささみの栄養は/疲労回復・滋養強壮・消化促進
鶏のささみに豊富に含まれている栄養について解説しています。これを聞いては食べないわけにはいきません。
ささみは太る?痩せないって本当?
ダイエット食として鶏肉は大変有効だというお話は今までたくさんしてきました。ですが注意してほしいのは鶏肉だけばくばく食べていても痩せるのは難しいということです。
ささみは筋肉がつくって本当?筋トレしなきゃ意味がない!
鶏のささみを食べれば筋肉がつくというのは誤った認識です。
もも肉の栄養はあなどれない!
鶏の部位のなかで最も脂質が多いモモ肉。健康面を考えると食べない方がいいのだろうかと思いがちですが、本当にそうでしょうか。
肝の栄養は凄い
肉の肝。好きな人は本当に好きですよね。独特な臭みにやみつきになる人が多いです。それに鶏のレバーに関しては豚や牛よりも比較的癖がないです。なので非常に食べやすいですね。
胸肉がダイエットに効果的な理由
鶏肉ダイエットといっても鶏肉には色々な部位があります。前回のささみに引き続き今回は胸肉のダイエット効果や効能についてお話していきます。
鶏肉のパサパサ感を取り除く方法
ささみのパサパサ感が嫌だという人もいるでしょう。 ダイエットだから仕方ないとは思っていてもやはり美味しく食べたいですよね。というわけで今回は鶏のささみのパサパサ感をなくす豊富について紹介していきたいと思います。
鶏肉の驚くべき疲労回復効果/秘密はイミダペプチドにあり
渡り鳥や鶏肉、マグロに豊富に含まれるイミダペプチドはかなりの疲労回復効果があることが報告されています。
鶏肉ダイエットのおすすめレシピ/トマトと梅肉を使った絶品料理!
今回は鶏のささみをうまく使ったダイエット料理のレシピを紹介していきます。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題