お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

ダイエットとしてささみが効果的な理由

鶏のささみはダイエット中の低カロリーな食材として重宝しますよね。安いし美味しいしそれなりにお腹も膨れます。非常にコスパが良いです。

 

ささみは食べても太らない?

筋肉の元となるタンパク質も豊富に含まれているので基礎代謝を上げて太りにくい体にすることが可能です。

 

茹でていれば保存も3,4日程度もつのでサラダや煮込みなど様々な料理に活用できますよね。

 

ささみダイエットというのはご飯やパンなどの炭水化物の代わりにささみを食するダイエットのことですね。

 

脂肪の元である糖質をカットできて、太りにくくなります。

 

ただ糖質を恐れるあまり炭水化物をカットし過ぎるのもストレスやエネルギー不足に繋がりよくありません。あくまで炭水化物をカットするのは1食だけにするとか、無理のない範囲にしてください。

 

摂取量のバランスには注意しよう!ささみだけという食べ方はNO

ささみだけに徹する食べ方をしていても栄養バランスが偏ってしまうので痩せません。ささみダイエットのときは適度な炭水化物、適度な野菜を摂り入れてそして、適度な運動を習慣つけるようにしましょう。

 

炭水化物を過剰にカットする食べ方は返って体の代謝を下げることになるので、一時的にやせたとしても、太りやすい体になります。

 

運動は自分に無理のない有酸素運動を週に2,4日のペースで30分以上を心がけてください。30分以上と指定しているのは、体内の脂肪が燃焼し始めるのが運動を始めて30分たってからだからです。

関連ページ

ささみの脂質含有量は?/圧倒的な低脂質
鶏肉の脂質の含有量が気になるという声が多かったので情報をまとめてみました。部位ごとに算出しています。
手羽先の効能と栄養/美肌に効くコラーゲンたっぷり♪
鶏の手羽先には栄養が豊富で、私は健康食材としても重宝してます。鶏の手羽先はとくに美容を気にする女性の方におすすめできる食材です。
鶏と魚どっちが健康にいい?
結論からいえば鶏も魚もどちらも健康にいいです。できれば好き嫌いせずにバランスよく摂取してほしい食品ですね。 鶏肉には魚にない栄養素がありますし、魚には鶏肉にはない栄養素があります。
ささみの栄養は/疲労回復・滋養強壮・消化促進
鶏のささみに豊富に含まれている栄養について解説しています。これを聞いては食べないわけにはいきません。
ささみは太る?痩せないって本当?
ダイエット食として鶏肉は大変有効だというお話は今までたくさんしてきました。ですが注意してほしいのは鶏肉だけばくばく食べていても痩せるのは難しいということです。
ささみは筋肉がつくって本当?筋トレしなきゃ意味がない!
鶏のささみを食べれば筋肉がつくというのは誤った認識です。
もも肉の栄養はあなどれない!
鶏の部位のなかで最も脂質が多いモモ肉。健康面を考えると食べない方がいいのだろうかと思いがちですが、本当にそうでしょうか。
砂肝の効能が凄い!/砂肝の部位ってどこ?
鶏の砂肝の効果・効能について解説しています。
肝の栄養は凄い
肉の肝。好きな人は本当に好きですよね。独特な臭みにやみつきになる人が多いです。それに鶏のレバーに関しては豚や牛よりも比較的癖がないです。なので非常に食べやすいですね。
胸肉がダイエットに効果的な理由
鶏肉ダイエットといっても鶏肉には色々な部位があります。前回のささみに引き続き今回は胸肉のダイエット効果や効能についてお話していきます。
鶏肉のパサパサ感を取り除く方法
ささみのパサパサ感が嫌だという人もいるでしょう。 ダイエットだから仕方ないとは思っていてもやはり美味しく食べたいですよね。というわけで今回は鶏のささみのパサパサ感をなくす豊富について紹介していきたいと思います。
鶏肉の驚くべき疲労回復効果/秘密はイミダペプチドにあり
渡り鳥や鶏肉、マグロに豊富に含まれるイミダペプチドはかなりの疲労回復効果があることが報告されています。
鶏肉ダイエットのおすすめレシピ/トマトと梅肉を使った絶品料理!
今回は鶏のささみをうまく使ったダイエット料理のレシピを紹介していきます。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題