ダイエットとしてささみが効果的な理由

鶏のささみはダイエット中の低カロリーな食材として重宝しますよね。安いし美味しいしそれなりにお腹も膨れます。非常にコスパが良いです。

 

 

ささみは食べても太らない?

筋肉の元となるタンパク質も豊富に含まれているので基礎代謝を上げて太りにくい体にすることが可能です。

 

茹でていれば保存も3,4日程度もつのでサラダや煮込みなど様々な料理に活用できますよね。

 

ささみダイエットというのはご飯やパンなどの炭水化物の代わりにささみを食するダイエットのことですね。

 

脂肪の元である糖質をカットできて、太りにくくなります。

 

ただ糖質を恐れるあまり炭水化物をカットし過ぎるのもストレスやエネルギー不足に繋がりよくありません。あくまで炭水化物をカットするのは1食だけにするとか、無理のない範囲にしてください。

 

摂取量のバランスには注意しよう!ささみだけという食べ方はNO

ささみだけに徹する食べ方をしていても栄養バランスが偏ってしまうので痩せません。ささみダイエットのときは適度な炭水化物、適度な野菜を摂り入れてそして、適度な運動を習慣つけるようにしましょう。

 

炭水化物を過剰にカットする食べ方は返って体の代謝を下げることになるので、一時的にやせたとしても、太りやすい体になります。

 

運動は自分に無理のない有酸素運動を週に2,4日のペースで30分以上を心がけてください。30分以上と指定しているのは、体内の脂肪が燃焼し始めるのが運動を始めて30分たってからだからです。