お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

ささみの脂質含有量は?

鶏肉の脂質の含有量が気になるという声が多かったので情報をまとめてみました。部位ごとに算出しています。

 

鶏の「タンパク質」と「脂質」の含有量

鶏の部位ごとのカロリーや栄養素の含有量をまとめると

 

■ささみ
カロリー:105cal
たんぱく質:23g
脂質:0.8g

 

■むね
カロリー:121cal
たんぱく質:24.4g
脂質:1.9g

 

■もも
カロリー:105cal
たんぱく質:23g
脂質:4.8g

 

このようになります。脂質の少なさでいえば鶏の部位でささみは最も少ないですね。

 

最も脂質が多いのは鶏のもも肉ということになります。いずれも皮なしで算出した結果です。

 

まあどの部位に関しても多いのがたんぱく質ですね。たんぱく質というのは体内から熱として排出されるので、体内に蓄積されません。

 

逆に体内に蓄積してしまい脂肪になりやすいのが糖分や油分です。

 

脂質の摂り過ぎもいけないけど、不足しても駄目

肉中心にしていても炭水化物を大量に食べていたり、砂糖いっぱいのお菓子を食べる習慣が抜けていなかったり、油っこい食べ物ばかり食べていたら大した肉効果は得られずに太ります。

 

脂質を摂り過ぎていたら肥満につながり糖尿病や動脈硬化の原因になりますので注意しましょう。

 

ただ脂質は人間にとっては必要な栄養素です。完全にカットしてしまって脂質があまりにも不足してしまうと血管が弱くなって疲労しやすくなったり体力が低下したりといった症状が現れます。

関連ページ

ダイエットとしてささみが効果的な理由/コストも低い!
鶏のささみはダイエット中の低カロリーな食材として重宝しますよね。安いし美味しいしそれなりにお腹も膨れます。非常にコスパが良いです。
手羽先の効能と栄養/美肌に効くコラーゲンたっぷり♪
鶏の手羽先には栄養が豊富で、私は健康食材としても重宝してます。鶏の手羽先はとくに美容を気にする女性の方におすすめできる食材です。
鶏と魚どっちが健康にいい?
結論からいえば鶏も魚もどちらも健康にいいです。できれば好き嫌いせずにバランスよく摂取してほしい食品ですね。 鶏肉には魚にない栄養素がありますし、魚には鶏肉にはない栄養素があります。
ささみの栄養は/疲労回復・滋養強壮・消化促進
鶏のささみに豊富に含まれている栄養について解説しています。これを聞いては食べないわけにはいきません。
ささみは太る?痩せないって本当?
ダイエット食として鶏肉は大変有効だというお話は今までたくさんしてきました。ですが注意してほしいのは鶏肉だけばくばく食べていても痩せるのは難しいということです。
ささみは筋肉がつくって本当?筋トレしなきゃ意味がない!
鶏のささみを食べれば筋肉がつくというのは誤った認識です。
もも肉の栄養はあなどれない!
鶏の部位のなかで最も脂質が多いモモ肉。健康面を考えると食べない方がいいのだろうかと思いがちですが、本当にそうでしょうか。
砂肝の効能が凄い!/砂肝の部位ってどこ?
鶏の砂肝の効果・効能について解説しています。
肝の栄養は凄い
肉の肝。好きな人は本当に好きですよね。独特な臭みにやみつきになる人が多いです。それに鶏のレバーに関しては豚や牛よりも比較的癖がないです。なので非常に食べやすいですね。
胸肉がダイエットに効果的な理由
鶏肉ダイエットといっても鶏肉には色々な部位があります。前回のささみに引き続き今回は胸肉のダイエット効果や効能についてお話していきます。
鶏肉のパサパサ感を取り除く方法
ささみのパサパサ感が嫌だという人もいるでしょう。 ダイエットだから仕方ないとは思っていてもやはり美味しく食べたいですよね。というわけで今回は鶏のささみのパサパサ感をなくす豊富について紹介していきたいと思います。
鶏肉の驚くべき疲労回復効果/秘密はイミダペプチドにあり
渡り鳥や鶏肉、マグロに豊富に含まれるイミダペプチドはかなりの疲労回復効果があることが報告されています。
鶏肉ダイエットのおすすめレシピ/トマトと梅肉を使った絶品料理!
今回は鶏のささみをうまく使ったダイエット料理のレシピを紹介していきます。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題