お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

牛肉ダイエットの効果とは

牛肉の赤身はダイエット効果があります。なんで肉なのにダイエット?と思うかもしれませんが、ダイエット中だからこそです。

 

「肉は太る」は間違い

まず肉は太るものだという認識は捨てる必要があります。

 

動物性たんぱく質というのは筋肉を作るのに人間に必要不可欠な栄養素です。筋肉なんてなくて良いと思っているのならそれはダイエッターとしてはNOです。

 

筋肉がない体は基礎代謝が低いので食べたモノが脂肪に変わりやすく、太りやすい体になってしまうのです。

 

牛肉の赤身がダイエットに効果的な理由

そして特に牛肉の赤身肉というのは数ある食材の中でも脂肪燃焼を促進するカルニチンという栄養素がたくさん含まれています。

 

赤身の濃いにくほどこの代謝アップの効果は期待できます。さらにいえば牛肉よりも羊肉のほうが効果は高いです。

 

ダイエットの適量としては手のひら一枚分の牛肉やラム肉だそうです。

 

結構な量な気がします。意識して食べないと毎日それだけの牛肉を食べるなんて人はあまりいないのではないでしょうか。

 

牛肉ダイエットに効果的な部位は?

ただ牛肉といっても色々部位があります。どこの部位がダイエットに向いているの?と疑問に思う人もいるでしょう。

 

赤身の肉にあたるのは「ヒレ」ですね。白身の肉が少ない部分がカロリーが低くてダイエットに向いています。

 

逆にカルビ肉とかは滅茶苦茶カロリー高いのでダイエットには向いてません。まあ脂っこいのが美味しいんですけどね。カルビ肉に使われるバラ肉はヒレ肉の4倍のカロリー量ですのでダイエット中は控えた方がいいです。

関連ページ

赤身ダイエットの効果/貧血予防・脂肪燃焼
ダイエットをするなら赤身肉がおすすめです。肉は確かに部位によっては脂が多くて太りやすいですが、赤身の部分ならば脂肪が少ないだけでなく、美容に良い栄養素がたくさん含まれています。
赤身の調理法/カロリー過多のソースに注意!
赤身肉が脂肪分が少ないとはいえ調理法によってはとてもカロリーが高くなってしまい、十分にダイエット効果が得られない場合があります。
牛レバーの栄養や効果/驚異的な美容効果あり
肉は結局健康に良いのか悪いのか。ネット上には肉食の効能について賛否両論情報が錯そうしていますが、果たしてどちらが本当なのでしょうか。
赤身ダイエットではどこの部位を食べれば?
赤身の肉がダイエットや美容効果が高いという話はたくさんしてきましたが、その赤身というのは動物のどこの部位にあたるのでしょうか。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題