お肉は健康に良い?悪い?肉食生活の健康効果や弊害をまとめてみた

牛レバーの栄養や効果

牛レバーはとても栄養価が高く健康食・美容食として注目されています。今回は牛肉のレバーの素晴らしい効果を紹介していきたいと思います。

 

レバーの健康的な栄養素

牛レバーは通称栄養の宝庫とも言われます。なんといってもビタミンが豊富に含まれており、レバーたった50gでも成人が1日に必要なビタミンをカバーできるのです。

 

ビタミン

レバーに含まれるビタミンAやビタミンB2は肌の新陳代謝を高めてくれて肌荒れや肌のトラブルを防いでくれる役割を持っています。

 

ビタミンAは抗酸化作用がつよく疲労回復や免疫力向上に効果的です。ビタミンB2は細胞の再生を促進し、動脈硬化の予防・改善に効果を発揮します。

 

レチノール

レバーに豊富に含まれるレチノールは肌の角質層にヒアルロン酸を増やしてくれますので、はりのある肌をつくります。

 

レバーには脂肪燃焼効果あり?

レバーにたくさん含まれている鉄分は新陳代謝を上げてくれて脂肪の燃焼を促進してくれます。

 

この鉄分というのもレバーに含まれているのは特殊で「ヘム鉄」といわれています。これは非常に吸収効率が高い鉄分として栄養業界では有名です。

 

レバーの調理方法〜独特の臭みを消すには〜

レバーがいくら健康に良いといってもあの臭みがどうしても駄目だという人も多いでしょう。

 

そんな人でもあの臭みを消せる方法があるんです。それが「牛乳につけておく」ということです。

 

生レバーを30分ほど牛乳にひたしておき、のちに水で牛乳を洗い流せば臭みがかなり抜けてくれます。

関連ページ

牛肉ダイエットの効果とは/赤身には栄養素が豊富!
牛肉の赤身はダイエット効果があります。なんで肉なのにダイエット?と思うかもしれませんが、ダイエット中だからこそです。
赤身ダイエットの効果/貧血予防・脂肪燃焼
ダイエットをするなら赤身肉がおすすめです。肉は確かに部位によっては脂が多くて太りやすいですが、赤身の部分ならば脂肪が少ないだけでなく、美容に良い栄養素がたくさん含まれています。
赤身の調理法/カロリー過多のソースに注意!
赤身肉が脂肪分が少ないとはいえ調理法によってはとてもカロリーが高くなってしまい、十分にダイエット効果が得られない場合があります。
赤身ダイエットではどこの部位を食べれば?
赤身の肉がダイエットや美容効果が高いという話はたくさんしてきましたが、その赤身というのは動物のどこの部位にあたるのでしょうか。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題