ラム肉が貧血予防・改善に効果的な理由

ラム肉が貧血予防・改善に効果的な理由

ラム肉は貧血の予防・改善に効果的とされています。今回はどうしてラム肉が貧血にいいのか。その理由についてのお話です。

 

貧血とは

貧血というのは血液中のヘモグロビン濃度が基準値を下回ってしまった状態のことを指しています。ヘモグロビンというのは鉄を含んでいるヘムという赤い色素とグロビンというたんぱく質から構成されています。

 

ラム肉が貧血予防や改善に効果的な理由

貧血気味の時は赤みの肉を食べることをおすすめします。肉が赤い、というのはすなわちヘムを含んでいる=鉄を含んでいる証拠なのです。

 

赤みの肉といえば牛肉が思い浮かぶかもしれないですが、牛肉よりもさらに効果が期待できるのはラム肉です。

 

鉄分の含有量が牛肉が1~1.4gなのに対して、ラム肉は2gもあります。なのでヘモグロビンの生成を助け、貧血になるのを防ぐことができるのです。

 

そして高タンパクですのでスタミナ作りにもうってつけの食材なのです。ラム肉は臭みが苦手という人もいますが、処理をすることでかなり臭みを抑えることができます。

 

詳細は【⇒⇒ラム肉の臭み消しの方法】を参考にしてください。

関連ページ

ラム肉の栄養・健康効果
ラム肉といえば、羊肉の癖がある先入観から敬遠されたり、スーパーなどで見かけることも少なくあまり馴染みのない食材でしたが、現在では認知度・人気度上昇中のお肉です。そんなラム肉に含まれる栄養素について調べてみました。
ラム肉が夏バテ予防に効果的?
夏バテ予防に効果的な食べ物としてラム肉があります。どうして夏バテにラム肉が効果的なのでしょうか。
ラム肉のカルニチンの栄養効果をざっとまとめる
ラム肉のカルニチン効果について解説しています。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題