ラム肉の脂肪が吸収されにくい理由

ラム肉の脂肪が吸収されにくい理由

ラム肉について調べたことのある人ならば「ラム肉の脂肪は体内に吸収されにくいからダイエットには向いている」というようなことを見聞きしたことがあるのではないでしょうか。今回はどうしてラム肉の脂肪が吸収されにくいのか、その理由について解説していきます。

 

脂肪の融点の関係

結論からいってしまうと、ラム肉というのは「脂肪の融点」が高いのです。

 

脂肪の融点というのは脂肪が溶け始める温度のことです。融点が高いほど取り入れた脂肪が体内で溶けにくく、吸収されにくいということになるので、「ラム肉はダイエットには向いている」といわれています。

 

肉の融点

主な肉といえば鳥肉・豚肉・牛肉ですが、中でも羊肉は一番融点が高いです。

 

順番としては羊>牛肉>豚肉>鳥肉となります。

 

この融点は不飽和脂肪酸が多いほど低くなります。そのため和牛のような柔らかくコクのある高級肉は融点が低い傾向にあるのです。

 

そうなるとラム肉は不飽和脂肪酸が少なくて、硬い傾向にあるとも解釈できますね。

 

確かにバラやモモには硬い部位がありますが、ロースや肩ロースはとても柔らかく食べやすい部位に関しては不飽和脂肪酸も豊富です。

関連ページ

ラム肉のダイエット効果/痩せるって本当?
あまり店頭に並ぶこともなく、定番食材とは言いがたかったラム肉が注目され、人気急上昇した理由の一つは、ダイエット効果によるものでした。ではなぜ、ダイエットに効くのか、本当に効果はあるのか?ラム肉の特徴から見ていきましょう。
ラム肉がヘルシーな理由
ラム肉は肉の中でもヘルシーな肉ということでダイエッターには人気のお肉です。ですが何故ラム肉はヘルシーなのでしょうか。その理由についてわかりやすく解説しています。
ラム肉が美容に良いって本当?
ラム肉は美容に良い食べ物といわれています。どうしてラム肉が美容に良い食べ物なのか、その理由について調べてみました。
ラム肉は他の肉と比較してカロリーはどうなの?
肉は結局健康に良いのか悪いのか。ネット上には肉食の効能について賛否両論情報が錯そうしていますが、果たしてどちらが本当なのでしょうか。
ラム肉は太らない?
ラム肉はヘルシーとかダイエットに良いといわれますが、ではラム肉は食べても太らないのでしょうか?
糖質制限中にラム肉ってどうなの?
糖質制限中はご飯やパン、麺類などの炭水化物を控えなければなりません。その間に何を食べるかがダイエットの先行きを決めるのですが、ラム肉というのは糖質制限中の食事としてはどうなのでしょうか?

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題