鴨肉ってどんな味?特徴とは

鳥の肉といえば、ほとんどの人は鶏肉ばかり食べてきたかと思います。常日頃から食卓に鴨肉が並ぶ家庭というのは珍しいでしょう。今回は鴨肉ってどんな味?という疑問を持っている方へ鴨肉の味の特徴を紹介したいと思います。

 

 

鴨肉の味の特徴

まず鴨肉は鶏肉と違って肉質がしっかりしていて歯ごたえがあります。逆にいえば柔らかさは鶏肉のほうがあり、固いともいえますね。

 

風味も鶏肉とは違い少し特有なものがあります。この風味をクサいと思うか、癖になり好きになるかは完全に好みだと思います。

 

ただ最近の食肉用に改良・飼育された鴨肉に関しては癖もなく、万人に好まれる味になっておりおいしいのであまり嫌う人はいないと思います。

 

※食用の鴨はアヒルとかけあわせたものが主流

 

和風料理として好まれる

鴨鍋として食べられることが多く、和風だしをベースにした醤油との相性がばっちりです。

 

「鴨がネギ背負ってやってくる」というのは鴨肉にネギがとても合うことから言われていることです。

 

昔は鴨肉は臭みが強くそれを消すためにネギが使われていたという面もあります。