固い鴨肉を軟らかくする方法

固い鴨肉を軟らかくする方法

ラム肉が固い場合の対処法について・・・どうすれば柔らかくできるのでしょうか?

 

鴨肉を軟らかくしたい!

確かに鴨肉は鳥肉と比べて、脂身が少ないせいか食感も少々固めです。

 

このしっかりした肉質や歯ごたえが鴨肉の良さともいえるのですが、味は好きだけど固い食感はどうにかならないものかと考えている人もいることでしょう。

 

煮込む!

柔らかくするなら基本的には鍋料理にしたり、鴨南蛮にするのが良いと思います。煮込むことで汁を吸って柔らかくなります。

 

火を通しすぎないこと!

ただここで注意してほしいのは火を通しすぎないことですね。鴨肉は完全に火を通すことで固くなってしまいます。

 

なので薄切りの鴨肉ならばしゃぶしゃぶのようにさっと熱を加えるだけとか、少し生っぽいと感じるくらいでやめるのがちょうどいいのです。

 

肉の塊を似るのなら、80℃ほどの煮汁で20分ほど似て身がピンク色になるくらいが食べ頃ですね。

 

下処理をする

焼いたり煮たりする前にビニール袋に入れて、酒と塩でもみもみ・・・この下処理でかなり柔らかくなります。半日くらい寝かしておくのがポイントですね。

関連ページ

鴨肉の健康効果
あまり頻繁に食卓に並ぶことはない鴨肉。ですが鴨肉には他の鶏肉や豚肉とはまた違った健康効果があると知っていましたか?今回は鴨肉の健康効果を紹介したいと思います。
鴨肉の旬って?
鴨肉の旬の季節はいつなの?という疑問に対する回答です。美味しい鴨肉を楽しむには大切なことですね。
鴨肉ってどんな味?特徴とは
鳥の肉といえば、ほとんどの人は鶏肉ばかり食べてきたかと思います。常日頃から食卓に鴨肉が並ぶ家庭というのは珍しいでしょう。今回は鴨肉ってどんな味?という疑問を持っている方へ鴨肉の味の特徴を紹介したいと思います。
鴨肉の美味しい食べ方
鴨肉の美味しい食べ方を紹介しています。鴨肉ってあまり家庭の食卓に並ぶことはないので語られる機会が少ないのですが、どういった食べ方が美味しいのでしょうか。
鴨肉の臭み取り
最近の鴨肉は食肉用に改良・飼育されているので、そこまできつい臭みはありません。ただそれでも鶏肉よりは癖のある臭いがしますし、それが苦手という人もいるでしょう。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題