骨付きラム肉の焼き方は?

骨付きラム肉の焼き方は?

骨付きラム肉の焼き方を紹介しています。

 

骨付きラム肉の焼き方とは

骨付きだからといって恐れることはありません。普通にフライパンや鉄板で焼いてOKです。

 

焼く30分くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておき、筋を切り、火が通りやすいようにフォークなどで穴をブスブスと空けておきましょう。

 

臭みについてはラム肉というのはそもそも羊肉の中でも臭みが少ないのが特徴なのでそこまで気にすることはないと思いますが、気になる方は事前にタレに浸けこんでいてもいいし、塩コショウをすりこむだけでもいいでしょう。

 

焼く時にオリーブオイルやミントを入れて味にアクセントをつけると美味しいですよ。さらに焼く時の油にはバターを使うことをおすすめします。

 

実際に焼く

弱火〜中火でソテーして両面に良い焼き色がつくまでカリッと焼きましょう。最後のほうに赤ワインをいれてフタをして蒸し焼きにしたら臭みが消えます。焼けた時油が多いようならばキッチンペーパーで多少拭きとるといいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?まあ基本的に焼きすぎなければ、骨付きだろうとなんだろうと美味しいものです。ラム肉は高級品ですから是非美味しい焼き方で召し上がるようにしてください。

関連ページ

ラム肉の美味しい食べ方【動画アリ】
ラム肉の美味しい食べ方を動画とともに紹介しています。食べ方によってどこの部位を使うべきかも違ってくるのでラム肉を美味しく味わいたい人の参考になるかと思います。
ラム肉って刺身で食べられるの?
新鮮な肉というのは刺身で食べても美味しいものですが、ラム肉というのもその例にもれず美味しいのでしょうか。そもそも食べられるのでしょうか。
ラム肉の冷凍保存の方法
ラム肉の冷凍保存の方法や期間、また食べる前の解凍方法について解説しています。
ラム肉の臭み消しの方法
基本的に羊肉は臭みがあるといわれています。生後1年未満の羊の肉を使っているラム肉に関しては臭みが少ないといわれていますが、それでも全くないわけではありません。今回はラム肉やマトンといった羊肉の臭み消しの方法を紹介しています。
ラム肉の選び方
ラム肉の選び方を紹介しています。美味しいラム肉を楽しむにはどういったポイントを見て選べばいいのでしょうか?

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題