骨付きラム肉の焼き方は?

骨付きラム肉の焼き方を紹介しています。

 

 

骨付きラム肉の焼き方とは

骨付きだからといって恐れることはありません。普通にフライパンや鉄板で焼いてOKです。

 

焼く30分くらい前に冷蔵庫から出して常温に戻しておき、筋を切り、火が通りやすいようにフォークなどで穴をブスブスと空けておきましょう。

 

臭みについてはラム肉というのはそもそも羊肉の中でも臭みが少ないのが特徴なのでそこまで気にすることはないと思いますが、気になる方は事前にタレに浸けこんでいてもいいし、塩コショウをすりこむだけでもいいでしょう。

 

焼く時にオリーブオイルやミントを入れて味にアクセントをつけると美味しいですよ。さらに焼く時の油にはバターを使うことをおすすめします。

 

実際に焼く

弱火〜中火でソテーして両面に良い焼き色がつくまでカリッと焼きましょう。最後のほうに赤ワインをいれてフタをして蒸し焼きにしたら臭みが消えます。焼けた時油が多いようならばキッチンペーパーで多少拭きとるといいでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?まあ基本的に焼きすぎなければ、骨付きだろうとなんだろうと美味しいものです。ラム肉は高級品ですから是非美味しい焼き方で召し上がるようにしてください。