ラム肉の選び方

ラム肉の選び方

ラム肉の選び方を紹介しています。美味しいラム肉を楽しむにはどういったポイントを見て選べばいいのでしょうか?

 

ラム肉とは

ラム肉というのは生後1年未満のまだ乳離れしたばかりの子羊の肉のことですね。同じ羊肉でも生後1年以上たった肉であるマトンと比べると肉が柔らかく、臭いも少ないです。

 

ラム肉の選び方

羊の肉の中でラム肉に限定した場合、以下の点に着目して選ぶことになるでしょう。

 

  • ろっ骨つきのラムラック
  • 焼き肉用のスライスラム
  • 煮込み用の角切りラム
  • 生ラムの刺身

 

どのような食べ方をしたいのか、好みにもよりますね。

 

まあ最後の生ラムの刺身というのは新鮮な生ラムを提供できるごく一部のお店でしか食べられないと思います。スーパーで売っているようなラムを生で食べるのはやめておいたほうがいいでしょう。【関連記事:ラム肉は刺身でも食べられるのか

 

部位で選ぶ

またラム肉というのは部位によってもそれぞれ違った特徴があります。バラ・ロース・肩ロース・モモなどなどありますが、ロースは最も柔らかく旨味のある部分で羊の肉の中でも最高級の部位です。シンプルにステーキにするのが美味しいですね。他の部位の味や臭みなどの特徴に関しては【⇒⇒ラム肉の部位ごとの特徴】で解説しています。

関連ページ

ラム肉の美味しい食べ方【動画アリ】
ラム肉の美味しい食べ方を動画とともに紹介しています。食べ方によってどこの部位を使うべきかも違ってくるのでラム肉を美味しく味わいたい人の参考になるかと思います。
ラム肉って刺身で食べられるの?
新鮮な肉というのは刺身で食べても美味しいものですが、ラム肉というのもその例にもれず美味しいのでしょうか。そもそも食べられるのでしょうか。
ラム肉の冷凍保存の方法
ラム肉の冷凍保存の方法や期間、また食べる前の解凍方法について解説しています。
ラム肉の臭み消しの方法
基本的に羊肉は臭みがあるといわれています。生後1年未満の羊の肉を使っているラム肉に関しては臭みが少ないといわれていますが、それでも全くないわけではありません。今回はラム肉やマトンといった羊肉の臭み消しの方法を紹介しています。
骨付きラム肉の焼き方は?
骨付きラム肉の焼き方を紹介しています。

基本編 実践編 鶏肉効果 豚肉効果 牛肉効果 その他肉の効果 肉の問題