ラム肉の臭み消しの方法

基本的に羊肉は臭みがあるといわれています。生後1年未満の羊の肉を使っているラム肉に関しては臭みが少ないといわれていますが、それでも全くないわけではありません。今回はラム肉やマトンといった羊肉の臭み消しの方法を紹介しています。

 

 

羊肉の臭み消しの方法

ラム肉の臭み消しの方法は人によって異なるようです。

 

基本的にはいきなり焼くのではなく、醤油やにんにく、酒、タレなどに浸けこんでから焼くという人が多いですよね。

 

あと赤ワインや白ワインにも臭み消しの効果がありますので、タレと混ぜたものに浸けこんで数時間・・・というのもありでしょう。

 

中東系を意識するならばミントの葉っぱを使うのも手です。

 

このようにどんなものに浸けるかによって味も香りも変わってくるので臭み消しの方法は人の好みになるんですね。

 

脂身をとる

ラム肉の臭いのもとというのは主に脂肪分になります。そのため焼く前に余分な脂身を切り取るだけでも大分違うと思いますよ。

 

臭みには慣れるもの?

ちなみにラム肉は臭みがあってこそ、というのがラム肉通には多いですね。

 

あのラム肉の匂いを「臭み」ととるのか「ラム肉特有の香り」ととるのかの違いだと思います。

 

残念ながらどんな方法を使っても完全に臭いを除去することはできません。完全に燃やして灰にすれば可能ですがそれはもう食べ物をは呼べませんよね。

 

あの臭いも何度も食べているうちにそのうち癖になる人も多いと思いますよ。