肉食中心は生活習慣病の原因?

肉の摂り過ぎは逆に健康を害し生活習慣病に繋がる可能性もあります。

 

 

肉は生活習慣病に繋がる?

▼肉食に偏った生活は生活習慣病のリスクが高まることが最近の研究では報告されている。

 

 

▼癌・糖尿病・心筋梗塞・動脈硬化といった病気の原因の一つが肉の食べ過ぎだという報告もある。

 

 

▼動物食ばかりでは健康を害するので、植物食もしっかり摂取する必要がある。

 

 

▼肉も部位によっては脂肪が豊富に含まれる。この脂肪は摂り過ぎると血液をドロドロにして血行を悪くしてしまう。

 

 

▼脂肪分のとりすぎにより血のめぐりが悪くなると動脈硬化や高血圧につながり、心臓病や脳梗塞といった命に関わる深刻な病気に至ることがある。

 

 

▼肉食を中心にする肉食ダイエットでは脂身のすくない部分を中心に食べなければならない。

 

 

▼肉は消化に時間がかかるため食べ過ぎると、残留消化物によって悪玉菌が発生しやすくなる。

 

 

▼悪玉菌は腸内環境のバランスを悪くして、身体に悪影響を及ぼす。